<div class=”alertBox”>
<div class=”alert”>
<i></i><p>現在<em>JavaScriptが無効</em>になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。<br>JavaScriptの設定を変更する方法は<a href=”http://help.yahoo.co.jp/help/jp/common/sys/sys-07.html”>こちら</a>。</p>
</div>
</div>

中国防空識別圏、世界各国の反発で外交的失敗?中国で噴出する反日感情と強硬姿勢への期待

Business Journal 12月6日(金)3時50分配信

 中国が尖閣諸島の上空を含む空域に「防空識別圏」を設定した問題をめぐって、各国が反発を強めている。

【詳細画像や図表】

 米国は11月26日、核兵器も搭載可能な米国のB52爆撃機2機を事前通告なく、中国が設定した空域で飛行させた。28日付日本経済新聞によると、米国防省は「訓練の一環」と発表しているが、米軍は中国が求める飛行計画書の事前提出には応じておらず、米メディアも「あからさまに中国の『ADIZ(防空識別圏)に挑んだ」と報じている。

 米下院軍事委員会のフォーブス委員長は26日、佐々江賢一郎駐米大使との会談で「(日米)同盟を再確認するために必要なステップだった」(同紙)と語っており、B52の飛行は中国に反対する意思を示したものであることは間違いないとみられる。