つい数週間前、中国の最高裁判所は、オンラインの噂が5,000件以上の訪問を受けるか、SNSで500回以上言及された場合、噂の発信者は3年間、拘留される可能性があるという判断を下した人民日報サイトがライヴ放映を行った記者会見で、裁判所の広報は、「ほかの人への中傷を『言論の自由』とする国はないはずだ」と語った。