きになったのがこの文、

なお、デザイナーの中には、クラウドソーシング[crowdsourcing:ネットを通じて不特定多数の人々に対してアウトソーシングを行なうこと]は有害だと主張する人々もいる。報酬の相場を引き下げ、素人の参加を許し、デザインが採用されなければ報酬は支払われないという「規格」に従って仕事をすることを強いて、自分たちの作品の価値を低くする、というのだ。一方、クラウドソーシングは需給と技術によって生じる自然な流れだと考える者もいる。

http://wiredvision.jp/news/200903/2009031622.html