尖閣国有化1カ月 野田内閣“誤算”続く

2012.10.11 05:07
(2/2ページ)尖閣諸島問題
尖閣をめぐる経過

尖閣をめぐる経過

 その象徴は楊潔●外相が今年9月末の国連総会で「日本が(尖閣を)盗んだ歴史的事実を変えることはできない」と発言したこと。歴史問題をリンクさせ、島根県・竹島を不法占拠する韓国と対日批判で連携する構えをみせた。

 日本側も、国連総会での演説で首相が中韓両国との対立を念頭に、日本の主張の正当性を訴えた。ただし両国の名指しを避けるなどの配慮をした結果、中国の「世論戦」に対し後手に回った感は否めなかった。

 政府はその後、中国に対抗する形で日本の主張を積極的に発信するよう戦略を転換。10日には玄葉光一郎外相が記者会見で「1960年に中国で発行された世界地図には尖閣諸島が日本名で明記してある」と指摘するなど、中国の主張に反論。ようやく「世論戦」に乗り出した。

 一方で、尖閣諸島に対する日本側の実効支配を崩そうとする中国側の強硬姿勢はより顕著になりつつある。海洋監視船などの中国公船は、国有化の数日後から再三にわたり日本領海に侵入。10日まで10日連続で日本の接続水域に入り、今や周辺海域を支配する意図を隠そうともしない。

 政府は11月の中国共産党全国大会で習近平国家副主席が党総書記に就任するのを待ち、関係修復を本格化させたい考え。しかし、新指導部が態度を軟化させることは期待できず、対立収束に向けた妙手も見いだせていないのが現状だ。