しかし実際のところ、小保方氏のやったことは「書き方が悪かった」「単純なミス」「悪意のない取り違え」といったレベルのことではありません。実際に論文を読み書きしたことのある研究者は、このあたりの事情をわかっていますが、一般には理解されにくいことと思います。