中国市場攻略へ最終兵器 アップル、チャイナモバイルにiPhone供給

2013.12.24 11:38
(1/2ページ)アップル
(AP)

(AP)

 米アップルと中国最大の携帯通信会社、チャイナ・モバイル(中国移動通信)は22日、「iPhone(アイフォーン)」の販売で合意したと発表した。25日から予約を受け付け、来年1月17日から販売を始める。アップルは、世界最多の約7億6000万人の契約者を誇る中国移動と手を握ることで、韓国のサムスン電子や中国地場メーカーから大きく出遅れている成長市場での巻き返しを目指す。ただ、割高な価格設定やアイフォーン向けアプリの不足など課題はなお多く、不振から脱するのは簡単ではなさそうだ。