中国、ロシアがあてにならない以上、本来日米韓が連携を強め北朝鮮に対応すべきなのである。この際問題となるのは韓国、朴政権のスタンスである。朴大統領は自国の防衛はアメリカに丸投げし、本来一緒になって北朝鮮に対峙すべき日本に対し罵詈雑言を浴びせる事が韓国大統領の仕事と勘違いしている。これでは、アメリカに匙を投げられたり、或いは、自国国民が退陣を求めデモを強行するのも、自業自得と諦めるしかない。要は、残念であるが韓国には余り多くは期待出来ないという冷徹な事実を、我々日本人は付きつけられているという事である。